初心者でも安心!信用取引の手引書

初心者が信用取引する時に心がけておくべきこと

信用取引は損失が拡大しやすい取引であるため、その運用には細心の注意を払う必要があります。 しかし、少ない資金でより大きな利益を出すことができるため、「やってみたい」と思うのは当然です。では、初心者でも安心できる信用取引の方法は無いのでしょうか? 初心者が信用取引を行う際に注意しておくべきは、まず信用取引のみで利益を出そうとしないこと、そして信用取引を行うに当たっては裁量トレードをしないことが重要です。信用取引のみで利益を出すためには、膨大なデータから導き出される括弧たるシステムが必要になります。そうしたデータの収集や処理は、初心者では行うことができません。まずは、信用取引の運用は現物取引のサポート程度に留めて、経験を蓄積するように心がけましょう。

初心者でも信用取引で簡単に利益を出す方法

上記を踏まえた上で、初心者でも信用取引で利益を出せる運用法を指南しましょう。 まず、株取引において重要な利益確定に信用取引を利用します。通常は売却手仕舞いするのが普通ですが、それを信用取引の空売りにすることで現物株を保有したまま利益を確定することができます。今後株価が上昇することが予想される銘柄の利益を、一時的に確保しておく場合に使える手法です。 また株主優待権が欲しい場合、権利落ち日前に現物買いした銘柄を同時に空売りしておけば、権利落ち日以降にどれだけ株価が変動していようとも損利が相殺されて、手数料と金利以外の手出し無しで優待が手に入ります。 こうした手法を実際に試してみることで信用取引の醍醐味である空売りに慣れておけば、将来的に信用取引のみで利益を出すことも可能になるかもしれません。