わたしが信用取引をおすすめする理由

レバレッジ効果が高い

信用取引のメリットの1つがレバレッジ効果です。レバレッジとはてこの原理のことで、てこの原理とは少ない力で大きな物体を動かす作用のことです。この原理になぞらえて、手持ちの資金より大きな資金を動かすことをレバレッジ効果と言います。 信用取引を始めるには担保として保証金を収める必要があるのですが、その収めた保証金の約3倍の金額で取引が出来るんですよ。つまり手持ち資金が50万円なら株取引に約150万円使えるので、レバレッジ効果がかなり高いんです。 取引に使える金額が増えれば購入する銘柄の選択肢も増えますし、肝心な時に資金が足りなくなる状況も少なくなります。通常の3倍の金額で取引できるので、上手くやれば約3倍もの利益を得ることが可能です。

信用取引では空売りが出来る

普通の株取引では株価が下がっている銘柄を購入し、その銘柄の株価が上昇したら売って利益を出しますよね。つまり、安く買って高く売るというのが基本となりますが、この方法は株価が上昇しないと利益が出ません。 しかし、信用取引には株価が下がっても利益が出せる空売りという取引があるんですよ。空売りとは証券会社から借りた株を売って、それを買い戻して証券会社に返す取引手法です。株価が高い時に借りた株を売って、株価が安い時に株を買い戻せば差額が利益になるので、株価が下落していても利益が出せるんです。 普通の株取引と空売りを併用すれば株価が上がっていても、下がっていても利益を出すチャンスになるので、収益を上げる機会が一気に増えますよ。