信用取引を始めるために必要な資金はどれくらい?

30万円では足りない

証券会社へ口座を開設した場合には、通常取引と信用取引を行うことが出来ますが、法律上定められた信用取引で納める委託保証金は30万円以上と定められています。信用取引では納めた委託保証金の最大3倍の取引が出来るので、30万円納めれば90万円の取引が可能となるわけです。 しかし、信用取引を行った結果として株価が値下がりして損失が出た場合には、委託保証金から損失が支払われるので委託保証金自体が30万円を切り即座に信用取引停止となってしまうのです。値動きが起こることで利益もも損失も生まれる株取引では、ギリギリの金額で取引を行い途中で取引停止となってしまっては直後に値上がりしても利益が得られず勿体無いことになります。余裕を持って50万円の資金で取引を始めると良いでしょう。

株式や投資信託を委託保証金とすることも出来る

信用取引を行う際に納める委託保証金には、現金であれば額面どおりです。しかし、実際には多くの証券会社で株式や投資信託を預けることで委託保証金とすることが出来ます。値動きが発生するために額面通りではなく、証券会社ごとに割合は異なるものの時価総額の80%程度の金額を委託保証金として納めることが可能です。 リアルタイムに値動きが変わる株式を担保とすることは、証券会社にとってもリスクが伴うことと時価をリアルタイムに反映させることは難しいので、多くの証券会社では前日の終値に対して80%の金額を評価額として担保を計算します。信用取引を継続して行う場合には、現金と株式を併用するケースが多いのは、株式や投資信託のみを委託保証金として納めるには値動きの変動リスクが大きく安定した取引が難しくなるからです。